第5回Coop公募のお知らせ (SWAT 4: Gold Edition)

また公募Coopを開催します。興味がある人は是非参加してください。マナーを守っていただければ、どなたでも歓迎です。

実施日 :11月4日(土)
テスト日:11月3日(金)文化の日
時間  :21:50~ Discord集合・22:00~01:00 プレー(途中退座可)
ゲーム :SWAT 4: Gold Edition
モード :Coop
人数  :10人(内4人運営、超過分はそこから抜けます)

※事前に参加者がどの程度いるかを把握しておきたいので希望者はコメント欄にお願いします。ただし集計は一本化する方が解り易い為、主催者であるZOEさんのブログの方に出来れば書き込んで下さい。

 
ゲームはGold Edition(The Stetchkov Syndicate拡張パック込み)で、本編のみでの参加はできません(10人でのCo-opにはTSSが必要)。ただしそのままだとサーバーブラウザから一覧を取得できないので、有志作成のEngine.dllファイル(本編用と拡張パック用の同名ファイルが2つある)をダウンロードします(How to install this patch?のところから)。「ウィルスの可能性あり」と表示される事もあります(その場合には念の為にスキャンを行なってください)。置き換える場所は、ゲームフォルダのContent/System(本編)と、ContentExpansion/System(拡張パック)ですが、元のファイルは念のため避難させてください。拡張パックのバージョンは1.0(ゲームメニューのJoin Gameで確認)です。尚、この作業はGOG版・リテール版どちらの人も行います。作業後に、実際にブラウザーから適当なゲームに入ってテストをしてみてください。

拡張パックではVsyncの切り替えができますが、これはオンにしておいてください。現行のPCではフレームレートが1000を超え、操作レスポンスに問題が生じ、ビデオカードの負荷も高くなります。

また、現行のPC画面アスペクト比に対応していないので、そうしたい方は、Content/System(本編)もしくはContentExpansion/System(拡張パック)のSwat4.iniもしくはSwat4X.iniを開き、以下の項目を書き換えてください。

FullscreenViewportX=1920 FullscreenViewportY=1080

(窓表示でプレイしたい場合はこちら)

WindowedViewportX=
WindowedViewportY=

後、GOG版の人に注意ですが、ギャラクシーの緑色のプレイボタンでは、本編が起動してしまいます。そのため、隣のMoreボタンからOtherを開くと、拡張パックの起動ができます。

ゲーム内容を簡単におさらいすると、片っぱしから撃ち殺せません。無条件に射殺できるのは、SWAT隊員か人質に銃を向けた(もしくは発砲)時です。それ以外は投降を呼びかけるか、非殺傷武器で戦意喪失を狙います。ただし、ガスマスクをしている敵には、ペッパーガン等が無効になります。人質にも手錠をして確保する必要がありますが、頑固に抵抗する場合は殴って(Bキー)投降を促します。人質を撃ち殺された場合は、即刻終了となります。他、容疑者の武器回収、容疑者人質の処理報告、証拠品の押収、ダウンした味方隊員の報告なども行います。結果は、得点化されデブリーフィングに表示されます。一応ゲームルール通りに進めますが、クリアーできればよしとします。詳しくは、動画等を参考にするといいですが、初めてプレーされる方は事前に、数ミッションをクリアーしておくといいでしょう。

小隊が赤青の2チームに分かれるので、ボイスチャットの部屋も分けます。これはルームクリアリング等の混乱を防ぐためです。ただし、お互いの連携がとれなくなるので、誤射の可能性があります。特に後半に登場する重武装の敵は隊員と似た装備をします。

最後に、ゲーム開始早々に死ぬと、長い待ち時間が発生することがありますので、ご了承ください。途中退席は可能ですが、進行に支障が出る場合は、一度キックする場合もあります。途中休憩を挟む予定ですが、区切りが良い時間に行います。

またボイスチャットを使ってゲームを楽しみます。使用ソフトはDiscordです。これはブラウザからでも動作できます。ただし、クライアント版の方が安定しているので、そちらを推奨します。概要についてはこちら。「自分の声を晒すのは……」という人も、受信だけでも構いません。意思疎通は基本ここで行います。

トラブル回避のため、11月3日(金)にDiscordの音声調整、ゲームの接続・テストプレーを実施します。時間は22:00から24:00まで運営側がDiscordのチャンネルに常駐します。過去の例からして、本番当日のサポートは難しいので、不安のある参加者は、ご協力お願いします。このテストプレーについての詳細は後日追記しますのでお待ちください。

日記系記事を掲載しています